愛車を少しでも高い査定を導きだす方法について

独りよがり中古車査定 > 車査定 > 愛車を少しでも高い査定を導きだす方法について

愛車を少しでも高い査定を導きだす方法について

車を買い替える時に、これまで乗っていた車を手放す事になります。多くは購入先のディーラー等で下取りに出す場合が多いのではないでしょうか。定期的に点検も受けて、特に故障トラブルも無く、そして外観も綺麗。それでも予想に反して下取り査定の低さに驚かれた方は多いと思います。そもそもディーラーの下取りが安い理由は、下取りした中古車のその後の販売ルートが関係しています。そもそもディーラーの場合は新車を売る事が一番の仕事です。その為、下取りした車いわゆる中古車を売りさばく為の売却ルートが少ないといえます。色々な販売網が構築されていればそれだけ売れる確率が高くなる為、結果高い査定となる訳です。そしてもう一点、査定基準が影響しています。ディーラーでの査定の基準では、年式や走行距離で見る事が基本となっています。たとえ走行距離は少なくても年式が古ければ中々高い査定が難しくなります。逆に多走行車であっても新車登録から3年ないし5年以内であればそれなりの査定額はつくというものです。その他にも高価なアルミホイールやナビなどといった純正品以外のオプションパーツもプラス査定をつけるのは難しいと言われています。しかし少しでも高い査定を出したい、そんな考えをお持ちの方は多いと思います。そんな方には、下取りに出すよりも中古車買取り専門店などへ買取りに出す事をおすすめします。中古車買取り専門店では中古車を売る事が目的でもある為、国内はもちろん海外への広い販売網や、オプションパーツのプラス査定など、下取りにはない販売ノウハウを備えているのが特徴です。この為、たとえ低年式多走行車であっても人気車種であればそれなりの金額で買い取ってもらえる確率が高いといえます。少しでも高く愛車を売却したいのであれば、中古車買取り専門店への売却をおすすめします。

グッドスピードの口コミ・評判は良いの?



関連記事

  1. 中古車買取相場が掌握できる
  2. 愛車を少しでも高い査定を導きだす方法について
  3. それをベースとして割り出した評価額